着なくなった洋服を処分する方法

いらなくなった洋服を捨ててしまうのはもったいない

インターネットを利用した処分

洋服は季節やトレンドなどでどんどん買って溜まってしまうという人も多いでしょう。
そして、いつの間にか収納できなくなるくらいに増えてしまう人もいるのではないでしょうか。
服を処分したくてもお気に入りの服だとなかなか手放すことができませんよね。
ほとんど着ていない服でも値段が高いものだったり、いつか着るかもしれないと思ってしまい溜まる一方です。

近年では服を処分する方法はたくさんあり、専門業者を利用しなくても売ることもできます。
また、必要な人に譲ることも簡単にできますので、処分方法に困ることはありません。
ただ単に捨ててしまうのは色々な意味でもったいないので、使ってくれる人の元へ届くような処分の仕方をしましょう。

処分の仕方は個人では知り合いに譲るかすてるしかありません。
しかし、服という概念を持たなければハンドメイドで違うものに変えることも可能です。
極端な例ですがシャツを雑巾にして再利用するなどです。
服の生地は再利用はミシンなどを使うことで自宅でもできます。
捨ててしまう前に何かに使えないか考えることで環境や経済的にもよいので、一度挑戦してみてはどうでしょうか。

日本では使い物にならなくなった衣類は外国で需要があるばあいがあります。
日本では変色や傷、人気のない古い衣服は値段が使いないことが多いです。
特に貧困の国では衣類が不足しているのでどんな状態の服で使用しているのが現状です。
様々な物資が足りていないので、支援はもちろん販売目的でも需要があります。

洋服は買ってばかりでなかなか捨てられない

インターネットが普及している近年では、通信販売が容易にできるようになりました。 個人で販売できるサイトが登場したことで、様々な品物を個人で出品できます。 ネット販売は売るという関して利点が多いため、利用者が増加しています。 販売者側の楽しさも味わえますので、一度は利用してみてはいかがでしょうか。

リサイクルショップなどの業者で処分する

ただ単に洋服を捨ててしまうのはもったいないです。 少しでもお金になれば、得をした気分になるのではないでしょうか。 また、値段がつかない洋服は、物資問題をかかけている国への支援になることもありますので、ボランティアにもなります。 業者の仕組みを知っておきましょう。

ハンドメイドで再利用や売買をする

単に捨てたり売ったりすることだけが処分の方法ではありません。 形としては処分にならないのですが再利用するのです。 洋服を生地として使うことにより、新たな物を作り出すことができます。 ハンドメイドは技術が必要ですが、販売できるようになれば自分のブランドになります。