いらなくなった洋服を捨ててしまうのはもったいない

>

ハンドメイドで再利用や売買をする

ハンドメイドで再利用する

使わなくなった洋服を違うものにリサイクルすることで、環境や経済に貢献することができます。
利用価値のある物に変える発想なので処分とは違いますが、不用な洋服は減ります。

ハンドメイドは技術が必要なので、これから始める人には難しいかもしれませんが、解りやすい設計図がありますので練習しながら作業できます。
ミシンを使うことが多いので、使い方をあらかじめ勉強する必要もあります。

再利用ですと材料費を削減することができますし、買う手間も省けます。
どんな物を作るか、という楽しさもありますし世界に一つしかない物を作ることができるので、ハンドメイドを行う人が増えています。
話のネタにもなりますし、自分で作成したものなので、より大切に扱おうという気持ちが強くなるそうです。

ハンドメイド品を販売する

近年ではインターネットのサイトを利用したハンドメイド品の販売が流行しています。
フリーマーケットなどのイベントは昔からありましたが、インターネットでは不特定多数の人に商品を見てもらえます。
そのため、販売スピードが早く接客のストレスがないことから利用者が多いのです。

ハンドメイド品は値段のつけ方が難しいので、材料費や作業労力で決めるしかありません。
ですが、個人のブランドとして広く知られるようになるとブランドとしての値段を加算しても売れているようです。
逸品物の価値が上がっており購入者も多いことから、ハンドメイド品の通販は処分以上に有効な手段です。
ハンドメイド品は売れた時の嬉しさが大きく、達成感があるようです。


この記事をシェアする
B!